わが街いいトコ!!東久留米市の特産・名物

風土に恵まれた
東久留米のフード自慢

東久留米市は農業が盛んで、大根・ホウレンソウなどは、都内でも有数の産地として知られています。近年、食の安全や伝統食が注目を集める中で、小麦をはじめ新たな東久留米ブランドの特産品が生まれています。

特産品

柳久保小麦
幻の小麦

柳久保小麦の栽培は、嘉永四年、現在の東久留米市柳窪の住人奧住又右衛門氏が旅先から持ち帰った一穂から始まったと言われています。しかし、この良質な小麦の生産も量産が困難との理由でいつしか姿を消しました。
しかし近年、ご子孫の手によって見事復活し、増産のため市内の農家の方々のご協力によりこれを特産品とすることが出来ました。現在、この小麦を原料としたうどん・まんじゅう・パン・かりんとうが市内のお店で販売されています。
また、24年度には数量限定で乾麺も新発売されました。


柳久保小麦は草丈が130~140センチメートルと高いのが特徴です


東久留米を代表する特産品の数々!

乾めん「柳久保うどん」
「幻の柳久保小麦」を100%使用

独特な香りが口いっぱいに広がります。


袋(200g入り)の見本

柳久保小麦ふすま
小麦の外皮を活用した商品

写真はクッキー、ベーグル、洗顔石けん、ダックワーズ(焼き菓子)。他に手打ちうどん、東久留米 醤(じゃん(調味料))、そば、パンなど
※小麦アレルギーの方は、ご注意ください。

梅ワイン「梅うふふ」
東久留米産梅100%使用の梅ワイン

美しい水と緑に恵まれた東久留米市には「梅」という特産品があります。梅ワインに使用している「白加賀」という品種の梅は果肉が厚く果汁もたっぷりでとても良質です。この梅を原料にして、大手ワインメーカーと共同開発したのが『東久留米からの梅便り 梅うふふ』です。
平成18年9月の甘口(スタンダード)誕生以来、翌19年に辛口(ドライ)を発売し、22年には梅ワインシリーズ第3弾、微発泡(スパークリング)の梅ワイン、その名も『東久留米からの梅便り ちょっぴりシュワッな 梅うふふ』が登場しました。市内の16店舗で販売されています。

(写真左から:スパークリング、甘口、辛口)


すてきな瓶やラベルデザインもポイント!

農業

市民と農業の活動で生活に潤いを。

市内生産収穫量

No.1:ホウレンソウ/No.2:トマト/No.3:コマツナ
東京都農作物生産状況調査(H22年産)(東京都産業労働局農林水産部)

農業イベント

毎年11月に、市民みんなのまつりが開催され、その中で農業祭を行い市内の農家が丹精込めて育てた農産物の展示・品評会、即売会などを実施しています。

青空市

毎月第1・第3土曜日を予定し、市役所前の屋外ひろばで新鮮な農産物の販売を行っています。

直売所

地元で収穫した新鮮で安心な農産物を多くの消費者の皆様に直接提供する農産物直売センターです。農産物には、全ての生産者の名前を明記しているほか、売り場には生産者の顔写真を掲示し、責任を持って販売しています。

所在地 東久留米市幸町3-7-2(JA東京みらい東久留米支店 併設)
電話番号 042-475-0022
関連サイト 直売所農さんぽマップを発行しました|東久留米市

東久留米市
イベントカレンダー

1月
消防出初め式
1月
東久留米七福神めぐり
1月
成人式典
1月
少年少女駅伝大会
2月
市民つなひき大会
4月
お花見
4月
春の祭典
5月
子どもまつり
6月
環境フェスティバル
7月
わくわく川遊び
7月
社会を明るくする市民の集い
8月
滝山・前沢みんなの夏祭り
8月
お日さまサンサンフェスティバル
9月
いきいき長寿大会
10月
市制施行記念日(1日)
10月
市民文化祭
10月
ファミリー・スポーツフェスティバル
10月
南沢獅子舞(4年ごと)
11月
総合防災訓練
11月
市民みんなのまつり
12月
消費生活展
12月
水辺のカモ飛来
12月
ダイヤモンド富士

東久留米市 わが街事典

『わが街事典』は行政と民間による協働事業によって発行される暮らしのガイドブックです。行政情報や地域情報が豊富な便利な冊子です。

PC版を見る

協賛事業者一覧

わが街事典アプリ版ダウンロード|無料

  • iPhone版
  • iPad版
  • Android版