わが街イイトコ!!

清瀬市特集

[東京都]

清瀬市は、水と緑に恵まれた豊かな自然環境、都内1位の出荷量を誇るにんじんをはじめとする生鮮野菜を供給する都市農業、多くの医療・福祉施設と関係高等教育機関が集積した、近隣市には見られない個性を持ち、程よい快適性と程よい利便性を兼ね備えたコンパクトシティです。

清瀬市のいいトコ!!

清瀬市で憩い・楽しむ

けやき通りと郷土博物館

約200本のけやきが立ち並ぶけやき通り。24体の彫刻が並び、野外ギャラリーとして楽しめます。また、けやき通りから見える近代的なデザインでつくられたグレーの建物は、郷土博物館です。見て、聴いて、体験できる博物館として親しまれています。

空堀川と中里緑地保全地域

柳瀬川と並び、川沿いに緑を色濃く残す空堀川沿いには、東京都の緑地保全地域に指定された、清瀬中里緑地保全地域があります。今なお武蔵野の面影を色濃く残すコナラ・クヌギなどからなる雑木林は、誰にも邪魔されずに自然の姿を保ち続けています。

きよせさくらまつり
下旬~4月上旬

柳瀬川沿いに延びる台田運動公園の道の両脇には約150本の桜が植えられており、毎年見事なピンクの花びらのトンネルを作ります。桜のトンネルの下ではお弁当を広げたり、散策したりと大勢の人でにぎわいます。

清瀬市の名所・文化

中里富士山

中里の地に、江戸時代に造られた東京都指定有形民俗文化財「中里富士山」。濃い緑に覆われたその山は、太陽の光をさんさんと浴びながら誇らしげに立っています。中里富士山では、毎年9月1日に「火の花祭(都指定無形民俗文化財)」行われています。

日枝神社・水天宮

市の指定有形文化財である日枝神社の本殿や不動明王立像、そして三猿の石灯ろう、また市の天然記念物で樹齢四百年の杉の古木など、文化遺産が残る神社です。毎年7月15日近くの日曜日には、「清戸の獅子舞(市無形文化財)」が行われます。

円通寺

下宿の円通寺は南北朝時代、暦応3年(1340年)開基といわれ、市内ではもっとも古いお寺です。市有形文化財に指定されている、長屋門と観世音菩薩立像(かんぜおんぼさつりつぞう)と前立(まえだち)があり、お寺の奥には驚くほどきれいにはき清められた石庭が広がっています。

清瀬市の特産・名物

清瀬は東京一のにんじんの産地です

清瀬市は東京一の「にんじん」の生産量を誇っています。特に、ブランド化された清瀬産「ベータ-キャロット」は、色素が濃くにんじんの芯まで赤いのが大きな特徴です。これは、βカロテンが豊富なことを示しており、健康に良いとされています。甘くてにんじん臭さがあまりないため、ジュースやサラダにするのもおススメです。

清瀬みつばちプロジェクト

清瀬市では、地域農業の更なる活性化、花のあるまちづくり事業の拡充、地元ブランドの創出を目的に、平成26年3月から市役所庁舎屋上で、東京都初の自治体職員による養蜂「清瀬みつばちプロジェクト」をスタートしました。
当プロジェクトでは、年間約5千本の蜜源植物の苗木の無料配布、純粋ハチミツの採蜜体験などのイベントの開催、また、収穫したハチミツの小中学校の給食や料理教室での利用、地元ブランドとしての販売、ふるさと納税の返礼品に活用しています。

清瀬市の業種別ガイド

全国500万件、地域の会社・お店・病院情報満載!

  • 医療
  • 暮らす
  • 住む
  • 造る
  • 食べる
  • 装う
  • 学ぶ
  • 遊ぶ
  • 公共
  • その他

清瀬市 わが街事典

『わが街事典』は行政と民間による協働事業によって発行される暮らしのガイドブックです。行政情報や地域情報が豊富な便利な冊子です。

PC版を見る

わが街事典アプリ版ダウンロード|無料

  • iPhone版
  • iPad版
  • Android版