わが街イイトコ!!

国立市特集

[東京都]

国立市は、東京都の中央部に位置し、東は府中市、西は立川市、北は国分寺市、南は多摩川をはさんで日野市と接しています。
土地は、地形上、北部の立川段丘から、南に向かって青柳段丘、水田地帯の3つに分けられます。

国立市のいいトコ!!

国立市で憩い・楽しむ

大学通りの桜

「新東京百選」にも選定されている、まちのメインストリートです。通りには約170本の桜が植えられていて、都立国立(くにたち)高校近くの歩道橋と、国立駅構内からの眺めは最高です。また、さくらフェスティバルの開催時期は、市内外から多くの観光客が訪れ、大変にぎやかになる市を代表するスポットです。

朝顔市

一橋大学正門南側、大学通り緑地帯で毎年、「朝顔市」が開催されます。さまざまな種類の日本朝顔は大変めずらしく、また、朝顔以外にも風鈴なども販売されており、多くの来場客で賑わいます。

城山公園

14世紀以降の居館跡で、周囲の緑地は東京都の歴史環境保全地域に指定されています。コナラやクヌギなどが小さな森林地帯を形成しています。春には白い可憐なフタリシズカや紫色のタチツボスミレなどが咲き誇る、くにたちきっての癒しスポットです。

所在地 泉5-21-1

国立市の名所・文化

谷保天満宮

谷保天満宮は、平安時代の学者で政治家でもある菅原道真公を祀った社(やしろ)です。古くから、学問の神様を祀った場所として信仰を集めています。近年は、入学試験が間近に迫ると、合格を祈願する人たちで境内はいっぱいになります。毎年秋に行われる例大祭には、伝統芸能である市指定無形民俗文化財「谷保天満宮獅子舞」が奉納されます。

所在地 谷保5209

一橋大学兼松講堂

大正12(1923)年の関東大震災によって、神田一ツ橋から移転した東京商科大学がくにたちに移転した際の、シンボル的建造物です。神戸の名士、兼松房治郎氏の13回忌を機に、寄附によって建設されました。鉄筋コンクリート造2階建て、外装スクラッチタイル張り、腰石張りで、正面妻面に校章を掲げています。

所在地 中2-1 一橋大学 西側キャンパス内

旧国立駅舎

旧国立駅舎は大正15(1926)年の竣工で、現存当時は都内では大正13(1924)年の原宿駅舎などに次ぎ、古い木造駅舎でした。大きな半円形の窓と三角屋根が特徴的なデザインで、平成18(2006)年の解体まで、多くの方に愛されました。
市では解体後の部材を処分せず、ほぼ元の場所に木造で再築するため、保管しています。あのなつかしい駅舎を、また目にできることを楽しみにしているという市民の方が多いことから、平成32(2020)年の再築をめざしています。

国立市の特産・名物

くにたちカルタ

くにたち最中

国立薬膳カレー

くにたちビール

国立市の業種別ガイド

全国500万件、地域の会社・お店・病院情報満載!

  • 医療
  • 暮らす
  • 住む
  • 造る
  • 食べる
  • 装う
  • 学ぶ
  • 遊ぶ
  • 公共
  • その他

国立市 わが街事典

『わが街事典』は行政と民間による協働事業によって発行される暮らしのガイドブックです。行政情報や地域情報が豊富な便利な冊子です。

PC版を見る

わが街事典アプリ版ダウンロード|無料

  • iPhone版
  • iPad版
  • Android版