わが街イイトコ!!

国立市特集

[東京都]

国立市は、東京都の中央部に位置し、東は府中市、西は立川市、北は国分寺市、南は多摩川をはさんで日野市と接しています。

国立市のいいトコ!!

国立市で憩い・楽しむ

くにたち朝顔市

国立市の夏の風物詩となった「くにたち朝顔市」。地元の生産者団体が手塩にかけて栽培した色鮮やかな日本朝顔などを、大学通りの緑地帯で展示販売します。涼しい音色の風鈴も販売。7月上旬に開催。

国立市農業まつり

くにたち産農産物の品評会・即売会などの企画を、11月中旬に市役所市民ロビー・西側広場などにて開催。

消防出初式(でぞめしき)

国立市消防団や自主防災組織による入場行進、一斉放水などを盛大に行います。
ほかにも、立川消防署のはしご車による演技も行われます。1月上旬、谷保第三公園にて開催。

国立市の名所・文化

谷保天満宮(やぼてんまんぐう)

平安時代の学者で政治家でもある菅原道真公(すがわらのみちざねこう)を祀(まつ)った社(やしろ)です。古くから、学問の神様を祀った場所として信仰を集めており、近年は入学試験が間近に迫ると、合格を祈願する人々で境内はいっぱいになります。毎年秋に行われる例大祭には、伝統芸能である市指定無形民俗文化財「谷保天満宮獅子舞」が奉納されます。

緑川東遺跡出土(みどりかわひがしいせきしゅつど) 石棒(せきぼう)

縄文時代中期末葉から後期初頭(約4,000年前)の敷石遺構から、ほぼ完形(長さ1メートル超)の大形石棒が4本出土しました(緑川東遺跡)。石棒は縄文時代の祭祀儀礼に使用されたと考えられる道具で、被熱し破砕した状態で出土することが多いのですが、このようにほぼ無傷で、4本並んで出土したものは、全国でも例がありません。

四軒在家遺跡(しけんざけいせき)

四軒在家遺跡では、10基以上の古墳が発掘されました。また、河原石積横穴式石室からは、副葬品として直刀、鉄鏃、銅製耳飾り(金環)、切子玉(きりこだま)などが多数出土しました(遺物は国立市指定有形文化財)。
このうち、四軒在家一号墳は、移築・復元しています。

国立市の特産・名物

くるみの パウンドケーキ ノア

日本茶くにたち『てくてく』

くにたち ドイツパンセット

国立養蜂・ 季節の百花蜜

国立市の業種別ガイド

全国500万件、地域の会社・お店・病院情報満載!

  • 医療
  • 暮らす
  • 住む
  • 造る
  • 食べる
  • 装う
  • 学ぶ
  • 遊ぶ
  • 公共
  • その他

国立市 わが街事典

『わが街事典』は行政と民間による協働事業によって発行される暮らしのガイドブックです。行政情報や地域情報が豊富な便利な冊子です。

PC版を見る

わが街事典アプリ版ダウンロード|無料

  • iPhone版
  • iPad版
  • Android版