わが街イイトコ!!

倉吉市特集

[鳥取県]

倉吉市は、鳥取県中部に位置する人口約5万人の市です。
市内には国の重要伝統的建造物群保存地区として選定されている打吹玉川地区をはじめ、江戸時代末期から戦前までに建てられた家屋や土蔵が多く残り、その街並みは、往時の面影を残す懐かしい佇まいをみせています。
また、市の南部に位置する関金温泉は、約1300年前に開かれた山陰屈指の古湯として知られ、その無色透明無味無臭のお湯は、古くから「白金(しろがね)の湯」と呼ばれており、日本名湯100選にも選ばれています。
温泉の泉質は、神経痛、リウマチなどによいとされる単純放射能泉(ラジウム温泉)で、江戸時代には宿場町、湯治場として栄えました。
周囲は三朝、はわい、東郷の温泉地に囲まれ、世界遺産登録運動を展開している三徳山や岡山県の蒜山高原にも隣接する自然環境に恵まれた美しい地方都市です。

倉吉市のいいトコ!!

倉吉市で憩い・楽しむ

名水とワサビの里

関金地区は西日本有数のワサビの産地で、200~300年経過したものと推測される清らかな湧水が湧く場所が数ヶ所あり、この水を手軽に飲む・汲むことができるよう「清水の名水場」が設置してあります。また、この清流を利用して、古くからワサビの生産が行われており、地元の方がワサビを醤油漬け・粕漬け・みそ漬けに加工して販売しています。

関金温泉

大山や蒜山三座などの山々を見渡す関金温泉は、江戸時代に関所が設けられ、犬挟峠をはさんで伯耆国と山陽・美作を結ぶ交通の拠点として栄えていました。街道を往来する旅人たちが旅の疲れを癒すために浸かり、白金の湯と呼ばれた関金温泉。体の内側からじっくり癒やします。

打吹公園

打吹公園は山陰随一の桜の名所。春になると、多種多数のさくらやツツジが咲き、多くの観光客でにぎわいます。また、園内には博物館、ミニ動物コーナーのほか、すもう広場、野球場、テニスコート、陸上競技場、武道館などの総合運動場もあります。

倉吉市の名所・文化

八橋往来

八橋往来は、伯耆国の中心であった倉吉と八橋を結ぶ奈良時代からの街道です。その昔、伊能忠敬もこの街道を歩いて測量を行いました。およそ200年前の道筋が今に残るこの街道は、国の夢街道モデル地区にも認定されており、風情ある街道として懐かしさをしのばせています。かつて商都として栄えた倉吉の伝統・文化は、庶民の間に受け継がれ今に生きています。

伯耆国府跡 国庁跡・法華寺畑遺跡・不入岡遺跡

国庁跡は奈良時代から平安時代の役所跡です。現在、法華寺畑遺跡と国分寺跡は歴史公園として整備されています。

大岳院

1605(慶長10)年に開創された曹洞宗の名刹。境内には、「南総里見八犬伝」のモデルとなったといわれる安房国(現在の千葉県)館山城最後の城主、里見安房守忠義と8人の家臣が祀られています。

倉吉市の特産・名物

せきがねわさび

絶えず澄み切った冷たい水の流れを必要とする「わさび」。大山山麓の伏流水で育ったわさびは、質・量ともに西日本有数の逸品として評価を受けています。

二十世紀梨

鳥取名物といえば、「二十世紀梨」。自然の甘味、みずみずしさと歯切れのよさがその人気の秘密です。

倉吉絣

倉吉絣は絵をそのまま織り込んだような、複雑で精巧な模様が特徴です。ふるさと工芸館では実際に倉吉絣の実演が見学できるほか、のれんや鞄など作品の販売を行っています。

倉吉市の業種別ガイド

全国500万件、地域の会社・お店・病院情報満載!

  • 医療
  • 暮らす
  • 住む
  • 造る
  • 食べる
  • 装う
  • 学ぶ
  • 遊ぶ
  • 公共
  • その他

倉吉市 わが街事典

『わが街事典』は行政と民間による協働事業によって発行される暮らしのガイドブックです。行政情報や地域情報が豊富な便利な冊子です。

PC版を見る

わが街事典アプリ版ダウンロード|無料

  • iPhone版
  • iPad版
  • Android版