わが街イイトコ!!

米子市特集

[鳥取県]

米子市は、平成17年3月31日に旧米子市と旧淀江町が合併して新たに誕生した市です。鳥取県の西部、山陰のほぼ中央に位置し、東には伯耆富士とも呼ばれ国立公園となっている中国地方最高峰の大山(だいせん)、北に日本海、そして西には日本で2番目に大きい汽水湖で、国際的に重要な湿地としてラムサール条約にも登録されている中海(なかうみ)という、豊かな自然に囲まれています。さらに海に湯が湧く皆生温泉、白砂青松の弓ヶ浜海岸、日本最古級彩色仏教壁画の出土で全国的な注目を浴びた上淀廃寺跡、大山山麓から湧き出る名水など、優れた自然環境、歴史的遺跡や観光資源を有しています

米子市のいいトコ!!

米子市で憩い・楽しむ

加茂川・中海遊覧

商人のまちとして栄えた米子の下町風情を巡る観光遊覧船。白壁土蔵前の天神橋付近を始発点に、旧加茂川を出発、懐かしい下町の景色を楽しみながら、船は中海へと向かいます。

皆生温泉

皆生温泉は、漁師が偶然、海に湧く湯を発見したのが始まりです。泉質は、ナトリウム・カルシウム塩化物泉。最近の研究では、美肌効果に優れていることが分かり、女性にとってもうれしい「ホカホカ、ツルツルの健康と美肌をつくる」温泉です。

皆生温泉海水浴場

温泉街の目の前に広がる水質良好な海水浴場。ライフセーバーが常駐し、夏には多くの海水浴客で賑わいます。

米子市の名所・文化

上淀廃寺跡

飛鳥時代終わり頃に建てられた寺院跡です。独特の伽藍配置をとり、金堂跡から法隆寺壁画と並ぶ我が国最古級の寺院壁画が出土しました。

向山古墳群

前方後円墳を中心とする16基の古墳が確認されており、古墳時代終わり(6世紀)頃の山陰を代表する首長墓群です。

米子城跡

中村一忠は、関ヶ原の合戦で功績をあげたことにより伯耆の国を与えられ米子城に入城しました。現在、城の建物は残っていませんが、山頂からは米子市街、中海、大山が一望でき、桜の名所として知られています。

米子市の特産・名物

干しガレイ

「干しガレイ」と呼ばれる干物は、隠れた山陰の名産品です。「シジミのみそ汁」や「板わかめ」とならんで、山陰の朝の食卓の定番です。

いただき

鳥取県西部・弓浜半島を中心に昔から親しまれてきた郷土料理「いただき」は、大きな三角の油揚げの中に生米、生野菜を詰め、だし汁でじっくりと炊き上げた山陰の代表的な田舎めしです。ガブリと頬ばれば、ジュワ~ッと広がる甘味と旨味に思わずみんなが笑顔になります。

どらやき

大山山麓の契約養鶏場産の新鮮な卵をたっぷりと使った生地と上質の小豆を使ったあんこは、米子の美味しい水で仕込むことで素材の美味しさがいっそう引き立ちます。

米子市の業種別ガイド

全国500万件、地域の会社・お店・病院情報満載!

  • 医療
  • 暮らす
  • 住む
  • 造る
  • 食べる
  • 装う
  • 学ぶ
  • 遊ぶ
  • 公共
  • その他

米子市 わが街事典

『わが街事典』は行政と民間による協働事業によって発行される暮らしのガイドブックです。行政情報や地域情報が豊富な便利な冊子です。

PC版を見る

わが街事典アプリ版ダウンロード|無料

  • iPhone版
  • iPad版
  • Android版