わが街イイトコ!!

みなべ町特集

[和歌山県]

みなべ町は、和歌山県のほぼ中央に位置します。東西に流れる南部川流域には丘陵地が広がっており、低地あり、山間地域ありとバラエティに富んだ地勢です。丘陵地には日本一のブランドを誇る「南高梅」の梅林が広がり、山間部は森林、渓谷などの自然資源に恵まれています。南北には紀伊水道を臨む海岸線が伸び、風光明媚な景観を誇っています。

みなべ町のいいトコ!!

みなべ町で憩い・楽しむ

千里の浜

長さ1.3キロメートルの美しい砂浜。熊野古道のなかでは、唯一白砂青松の浜を歩くところで、熊野詣での旅人たちは海の広さに目をみはり潮風の香りを満喫したことでしょう。

小目津公園

小目津浜に面した潮風がそよぐ広々とした芝生公園。遊具も充実していて子どもにも大人気です。園内には芝生がきれいに敷きつめられ、桜や黒松といった木々の緑に囲まれています。

千里浜温泉

毎分1,000リットルの湯量を誇る大浴場ではゆったりと温泉の醍醐味を堪能できます。泉質はナトリウム・カルシウム・塩化物温泉。

みなべ町の名所・文化

須賀神社の秋祭り

「御蓋(おかさ)」を中心としたお渡り神事があり、南部浜の秋葉神社から儀礼を繰り返しながら須賀神社に向かいます。周辺平野部の11地域が合同でお渡りを営み、競べ馬行事や流鏑馬(やぶさめ)神事がある祭りとしても知られています。地元では「ごりょうさんの秋祭り」と呼ばれ、平成30年3月、県無形民俗文化財にも指定されています。

鹿島神社の秋祭り

鹿島神社の秋祭りは、「埴田の神輿」、獅子舞 、町無形文化財に指定されている「南道の奴行列」(3年に1度参加)や、「芝崎のふとん太鼓」(随時参加)などが祭礼に参加し、大勢の見学人たちを楽しませてくれます。

清川天宝神社の秋祭り

奉納される「名之内の獅子舞」は県指定無形民俗文化財に指定されており、毎年、見事な舞いを披露してくれます。道中・幣の舞・乱獅子・剣の舞の四曲三舞を笛・太鼓に合わせて二人で舞う勇壮華麗な獅子舞。昭和51年3月に県指定無形民俗文化財に指定されました。

みなべ町の特産・名物

南高梅

明治35年、上南部村晩稲の高田貞楠は、購入した苗木の中に豊産で実が大きく美しい紅のかかる木が一本あることに気づきその木を母樹(高田梅)として大切に育てました。その後、高田梅が他品種の群を抜き優良であることが認められ、昭和40年には高田梅を「南高」と命名し農林省に種苗名称登録、村内全域に広がっていきました。たった一本の母樹から日本中の梅産地に旅立った南高梅はここみなべ町で誕生したのです。

紀州備長炭

紀州備長炭は平安時代からの歴史があり、ここみなべ町は紀州備長炭の生産日本トップクラスを誇ります。消臭・除湿効果や汚水・空気の浄化作用を活用して健康的な暮らしをお洒落に彩るさまざまなグッズが人気を集めています。

水産加工品

めざし、イカの一夜干し、シラスちりめん、アジの開き、カマスの開きなどの乾物が有名です。

みなべ町の業種別ガイド

全国500万件、地域の会社・お店・病院情報満載!

  • 医療
  • 暮らす
  • 住む
  • 造る
  • 食べる
  • 装う
  • 学ぶ
  • 遊ぶ
  • 公共
  • その他

みなべ町 わが街事典

『わが街事典』は行政と民間による協働事業によって発行される暮らしのガイドブックです。行政情報や地域情報が豊富な便利な冊子です。

PC版を見る

わが街事典アプリ版ダウンロード|無料

  • iPhone版
  • iPad版
  • Android版