そうめん特集 そうめん特集 >> 個性派そうめん 
全国のそうめん 個性派そうめん 夏の風物詩 祝十周年・そうめん特集

粉末にした食材を小麦粉に練り込むと、色んなそうめんを作ることができます。
どうせなら、地元名産の食材を粉末にして練りこめば、新しい地元名産のそうめんが誕生するじゃないですか!
もちろん主原料は小麦なので、味はそうめんで、地元名産の○○の香りと風味がする麺になるはずです。
ようし、ならば試してみよう! 各地の個性派そうめんたち!!


 ■個性派そうめん
●苺そうめん(栃木)
【特徴】栃木名産いちご「とちおとめ」を混ぜたピンク色のいちごそうめん。
当そうめん特集で紹介してから3年。ついに取材が叶いました!。そうめんには珍しい生めんです。
●白えび素麺(富山)
【特徴】ありそうでなかった海産物そうめん、ついに登場しました。
しかも、季節限定の高級食材・白えびが原材料。そうめんからめんつゆまで白えび尽くしが嬉しい。
●葛そうめん(愛知)
【特徴】ユニークな製法を伝統とする和泉そうめんに吉野葛をブレンド。
200年の歴史を持つ名産安城そうめんと、古代からの伝統食で話題の吉野本葛との、強力なカップリングが実現。
●かぼす麺(大分)
【特徴】大分名産のかぼすをブレンドしたヘルシーそうめん。
ほのかに甘味を含んだ爽快な柑橘系の酸味が、麺の味を奥深い豊かなものにしています。
●きぬさや麺(秋田)
【特徴】皇室御用達の献上品「きぬさや」もそうめんで食べる時代です。
稲庭だけが秋田の麺ではない!まだまだ全国に知れ渡っていない麺があります。
●りんご麺(山形)
【特徴】1食でりんご1個分の食物繊維が摂れるぜいたく!
栄養価豊富な果物、りんご。健康ブームの昨今、りんごの加工品に注目が集まる日も近いのではないでしょうか。
●芋そうめん(埼玉)
【特徴】「九里より甘い十三里」川越の芋もそうめんに!
人口30万都市の川越も、昔は農作物のよく採れる、街道筋の町だったのです。
●うなぎめん(静岡)
【特徴】日本一のウナギどころ、浜松が贈る大人の(?)そうめん。
うなぎの蒲焼を調理したうなぎそうめんとは違い、うなぎの粉末を練りこんであるそうです。
CityDO!総合トップへ

コンテンツ一覧

エリア情報

スペシャルコンテンツ