そうめん特集 そうめん特集 >> 北海道・東北 
中部のそうめん

油を使わないそうめんや、近畿地方の影響を受けたそうめん、和泉そうめんの半生もどしと、北陸・東海を問わず、伝統的にユニークな製麺が江戸時代から行われています。もちろん現代風個性派そうめんも要チェック。


 ■中部
●うなぎめん[個性派そうめん](静岡)
【特徴】日本一のウナギどころ、浜松が贈る大人の(?)そうめん。
うなぎの蒲焼を調理したうなぎそうめんとは違い、うなぎの粉末を練りこんであるそうです。
●輪島そうめん[幻のそうめん](石川)
【特徴】織田信長や前田利家も食べた!当時の朝廷にも献上された一品。
北陸各地の名産そうめん・名産うどんの発達史に、大きな足跡を残しています。
●海そうめん[そうめんじゃない?](石川)
【疑惑】海から採れるそうめんか?海水を使った製麺か?興味は尽きません。
そうめん作りに欠かせないのが「塩」と「水」。「海そうめん」と聞けば、海水を思い出してしまいます。しかし!
●大門素麺[伝統のそうめん](富山)
【特徴】油を使わないことで有名。氷見うどんと双璧をなすそうめん。
北陸の伝統ある麺文化の、正統な後継者と呼ぶべきそうめんです。
●白えび素麺[個性派そうめん](富山)
【特徴】ありそうで見つからない海産物そうめん、ついに登場しました。
しかも、季節限定の高級食材・白えびが原材料。そうめんからめんつゆまで白えび尽くしが嬉しい。
●三河安城半生そうめん[個性派そうめん](愛知)
【特徴】夏に門干しさせるというユニークな製法が伝統の「半生」そうめん。
200年の歴史を持つ名産安城そうめんを食べることなく、乾麺と生麺の違いは語れない!
●大矢知手延べ素麺[伝統のそうめん](三重)
【特徴】きしめんや冷麦で有名な東海地方にも、手延べそうめんの名品が作られています。
三重県北勢地方も実はそうめんの名産地でもあります。
CityDO!総合トップへ

コンテンツ一覧

エリア情報

スペシャルコンテンツ