そうめん特集 そうめん特集 >> 九州 
九州のそうめん

中国文化の玄関口であった九州地方は、当時の先進的な製麺がそのまま伝統として保存されているそうめんの歴史博物館。古代から現代まで、そうめんの見せるさまざまな表情が窺えます。


 ■九州
●鶏卵素麺[そうめんじゃない?](福岡)
【疑惑】岩手の卵めんに次ぐ、卵を使った舶来のそうめんか?興味は尽きません。
歴史の古い福岡だからこそ、そんな誤解のひとつもしたくなるというもの。が、なんと!
●神埼そうめん[伝統のそうめん](佐賀)
【特徴】今に連なる製麺機発祥の地、佐賀県神埼郡。
今も頑なに手延べの伝統を守る神埼そうめん生産組合に、輝かしい未来あらんことを!
●五島そうめん[幻のそうめん](長崎)
【特徴】うどん通も唸る名産・五島うどん、製法は手延べそうめんと同じです。
島原そうめんとはまた一味違うであろう五島ブランドのそうめん、復活の日はいつか?
●島原そうめん[伝統のそうめん](長崎)
【特徴】九州、長崎は島原地方は、中国大陸にも近いめんどころ。
その隠れた実力にようやくスポットが当たり、島原のそうめんは新しい時代を迎えています。
●かぼす麺[個性派そうめん](大分)
【特徴】大分名産のかぼすをブレンドしたヘルシーそうめん。
ほのかに甘味を含んだ爽快な柑橘系の酸味が、麺の味を奥深い豊かなものにしています。
●南関素麺[伝統のそうめん](熊本)
【特徴】肥後熊本は、肥後もっこすと細川藩の京文化の交差点。
質実剛健な中に雅な趣きのある南関そうめんも、江戸時代以来の熊本名産。
CityDO!総合トップへ

コンテンツ一覧

エリア情報

スペシャルコンテンツ