そうめん特集 そうめん特集 >>そうめん入門 
そうめん入門

「そうめん」vs「うどん」

一般的なうどんとそうめんには大きな違いがあります。
・そうめんは、水分が14%以下の乾麺です。手延べそうめんの類は全て乾麺です。乾めんは保存がきき、1ヶ月は常温保存で食べることができます。

・うどんは、大体が生麺です。生めんは製造直後が一番おいしいとされています。日持ちはしません。 うどんは、つけ麺などにするとダシをよく吸収します。つまりメニューによって味にバリエーションを持たせることができるのです。このあたりにうどんの人気の秘密がありそうです。

さらに同じ手づくりで小麦粉を原料としていても、違いがあります。
・手延べそうめん⇒小麦粉を練り合わせた後、食用植物油を塗布しながら順次引き伸ばして丸棒状の麺にする。
・手打ちうどん ⇒小麦粉を練り合わせた後、棒で平に引き延ばした後に刃物で細く切って麺にする。

これらは単なる製造過程の違いに見えますが、手延べそうめんの油を加えて「より」をかける工程は、グルテンと呼ばれるたんぱく質を作り出します。細く仕上げるために何度も「より」をかける手延べそうめんには、グルテンが抜群に含まれています。その結果、同じ麺類ながら、栄養素にこんなに差ができるのです。

食品名 エネルギー 蛋白質 糖類
そうめん 2位 4位 1位
うどん(生) 6位 7位 5位
うどん(乾) 4位 5位 3位
そば(生) 7位 3位 7位
そば(乾) 3位 1位 4位
中華めん(生) 5位 6位 6位
中華めん(乾) 1位 2位 2位

夏は食欲が減退気味になりがちですが、よく冷えて喉越しやさしい、栄養価の豊富なそうめんで、夏バテ解消といきましょう!!

*画像は三輪そうめん池利 「千寿亭」のメニュー「懐石料理-山の辺-」
CityDO!総合トップへ

コンテンツ一覧

エリア情報

スペシャルコンテンツ