わが街イイトコ!!

田原本町特集

[奈良県]

奈良盆地の中央部に位置し、東西約5.8キロメートル、南北6.1キロメートル、総面積は、21.09平方キロメートル。町の東部を大和川、中央部を寺川、西部を飛鳥川、曽我川がそれぞれ北流し、これらの河川にはさまれた平坦地として形成され、豊かな田園都市という風貌を見せています。周りを山に囲まれ、夏は暑く、冬は寒い典型的な盆地型気候で、周辺の山地に比べて雨が少ないのが特徴です。

田原本町のいいトコ!!

田原本町で憩い・楽しむ

唐古・鍵遺跡史跡公園

弥生時代の風景を再現し、かつての生活を追体験できる公園。広大な面積を持ち、ウォーキングや遊び、イベント、歴史的な学習といった、さまざまな活用ができる場です。

所在地 大字唐古50番地の2
電話番号 0744-34-5500(唐古・鍵遺跡史跡公園事務所)

やすらぎ公園

幼児から高齢者まで、四季折々の草花樹木に親しんでいただくことができます。また、やすらぎ体育館や老人福祉センターが隣接しているので、軽スポーツが楽しめます。

所在地 田原本町金剛寺地内

しきのみち
はせがわ展望公園

変化に富んだ河川ルート公園で片道約3.5キロメートルのウォーキングに最適な公園です。またさくら広場などがあり、春には大きなシダレザクラを望むことができる公園です。

所在地 田原本町八田~蔵堂地内

夏越し大祓い

半年間の無事を感謝するとともに、残りの半年間の息災を祈願するもので、奈良時代の宮中行事であり、日本最古の宗教儀礼とも言われています。

田原本町の名所・文化

黒田大塚古墳

6世紀初頭の前方後円墳で、全長は86メートルを測ります。6次に及ぶ発掘調査で、周濠から埴輪や蓋形木製品が出土しました。奈良盆地低地部では、墳丘が残る数少ない古墳で県の史跡に指定されています。

鏡作神社(かがみつくりじんじゃ)

古代の鏡作の工人集団・鏡作部たちが住み着いた鏡作郷。鏡作神社は、この「鏡製作の聖地」に鎮座しています。祭神は、鏡作部の遠祖・石凝姥命(いしこりどめのみこと)、天照国照日子火明命(あまてるくにてるひこほあかりのみこと)、天児屋根命(あめのこやねのみこと)の三神。

所在地 田原本町大字八尾816

多神社(おおじんじゃ)

祭神は神武天皇・神八井耳命・神淳名川耳命(綏靖天皇)・姫御神(玉依姫)の四柱で、このうち神八井耳命は、太安萬侶らをはじめとする多氏の祖とされています。

所在地 田原本町大字多569

村屋神社(むらやじんじゃ)

「日本書紀」には、壬申の乱の際、大海人皇子(後の天武天皇)軍に神のお告げを与え、勝利に導いたと記されている村屋神社。この功により、神社で初めて位を賜った古社といわれています。祭神の弥冨都比売命(みふつひめのみこと)は、大物主命の妃であり、大神神社の別宮といわれています。

所在地 田原本町大字蔵堂426

池神社(いけじんじゃ)

祭神は天万栲幡千千比売命・菅原道真で、明治初年ごろまでは天満宮と称されていました。中世の天満宮は、在地豪族長谷川党の鎮守でした。近世以降も 法貴寺の実相院が社僧として社務全般を支配し、この関係は神仏分離により法貴寺から池神社が切り離されるまで続きました。

所在地 田原本町大字法貴寺502

田原本町の業種別ガイド

全国500万件、地域の会社・お店・病院情報満載!

  • 医療
  • 暮らす
  • 住む
  • 造る
  • 食べる
  • 装う
  • 学ぶ
  • 遊ぶ
  • 公共
  • その他

田原本町 わが街事典

『わが街事典』は行政と民間による協働事業によって発行される暮らしのガイドブックです。行政情報や地域情報が豊富な便利な冊子です。

PC版を見る

わが街事典アプリ版ダウンロード|無料

  • iPhone版
  • iPad版
  • Android版