わが街イイトコ!!

大東市特集

[大阪府]

総面積は18.27平方キロメートル。甲子園球場の約457個分に相当し、大阪府内32市(大阪市を除く)の中で24番目の広さです。

大東市のいいトコ!!

大東市で憩い・楽しむ

三好長慶公武者行列

戦国武将・三好長慶をPRするため、甲冑などの時代衣装を着て、道中を練り歩きます。

秋まつり(だんじりまつり)

大東市内の各地域で開催されます。

農業祭

地場産野菜の販売や、楽しいイベントなどが盛りだくさん!

大東市スマイルミネーション

市民や企業の皆さんが企画・運営に取り組んでいます。皆さんの笑顔と幸せがあふれるようなイベントをめざしています。

大東市の名所・文化

飯盛城跡

飯盛城は飯盛山(標高314メートル)に築かれた戦国時代の山城です。享禄年間(1528~32年)、木沢長政によって築城され、天文20(1551)年に安見宗房が入城した後、永禄3(1560)年、三好長慶が芥川山城(高槻市)から移り、居城としました。眼下には大阪平野が広がり、比叡山、京都、北摂の山並み、神戸、淡路島など、三好長慶が統治した範囲を見渡すことができます。

諸福天満宮

諸福村の氏神として、寛永20(1643)年に勧請されました。創建時に建てられた一間社流造の本殿(市指定有形文化財)は市内に現存する最古の建造物であり、蟇股といわれる部材に虎や鳥などが写実的に彫刻され、左右の貫からは象の彫刻をほどこした木鼻が突き出すなど、装飾性豊かな江戸時代前期の神社建築の特徴を伝えています。

専応寺

親鸞の高弟二十四輩の一人である唯信が鎌倉時代に創建したと伝わっており、永正17(1520)年に本願寺から下付された阿弥陀如来絵像(市指定有形文化財)の裏書に「専応寺」の寺号を確認できます。太子堂には、室町時代に制作されたと推定される聖徳太子立像(市指定有形文化財)が安置されており、江戸時代に流行した野崎まいりでは、多くの参拝者が太子堂に詣でてから、慈眼寺へ参りました。

堂山古墳群

堂山古墳群(市指定史跡)は5~7世紀に築かれた8基からなる古墳群です。5世紀前半に築かれた1号墳は直径25メートルの円墳で周囲には円筒埴輪が並べられ、祭祀用の須恵器や甲冑、鉄刀などが出土しました。1~7号墳は、史跡広場として整備されています。

大東市の業種別ガイド

全国500万件、地域の会社・お店・病院情報満載!

  • 医療
  • 暮らす
  • 住む
  • 造る
  • 食べる
  • 装う
  • 学ぶ
  • 遊ぶ
  • 公共
  • その他

大東市 わが街事典

『わが街事典』は行政と民間による協働事業によって発行される暮らしのガイドブックです。行政情報や地域情報が豊富な便利な冊子です。

PC版を見る

わが街事典アプリ版ダウンロード|無料

  • iPhone版
  • iPad版
  • Android版