わが街イイトコ!!

寄居町特集

[埼玉県]

寄居町は、埼玉県の北西部、都心から70km圏に位置し、荒川の清流が秩父の山間から関東平野に流れ出す扇状地の要に発達した、山美しく水清らかな町です。山地、丘陵、台地、低地と多様な地形に恵まれており、荒川が町域の中央を屈曲しながら、見事な風致を呈して東流しています。面積は、64.25平方キロメートル。自然環境が豊かで、県立長瀞玉淀自然公園に指定されています。恵み豊かな自然に囲まれ、古くからひらかれた歴史をもっている数少ない町です。また、関越自動車道寄居スマートICを有し、国道140号と254号、JR八高線・東武東上線・秩父鉄道線が結接する交通の要衝地です。

寄居町のいいトコ!!

寄居町で憩い・楽しむ

夫婦(めおと)滝

風布川が玉淀湖に合流する手前、落差約3メートル、2筋の滝が寄り添うように流れ落ちることから、「夫婦滝」と呼ばれるようになりました。新緑萌える夫婦滝、紅葉に映える夫婦滝など、四季折々、表情豊かな夫婦滝を楽しむことができます。

雀宮(すずめのみや)公園

この公園は、七代目松本幸四郎別邸跡地で、ハイカーや地元の人の憩いの場となるように、整備を行っています。 11月中旬から下旬にかけて、写真のように紅葉がとてもきれいです。紅葉の時期の開放時間は午前9時から午後4時までです。

寄居玉淀水天宮祭

県指定の名勝『玉淀』に、各町内からボンボリ、提灯で美しく飾り立てた舟山車が数艘参加し、城山をバックに打ち上げられる大花火と川面に生える万灯の競演は、まさに『関東一の水祭り』の名に恥じない一大行事。開催は毎年8月の第1土曜日です。

寄居町の名所・文化

鉢形城歴史館

国の史跡に指定されている鉢形城跡のガイダンス施設です。館内では、鉢形城のことをはじめ、地域の歴史についても学べます。

町の天然記念物「氏邦桜(うじくにざくら)」

推定樹齢は150年を超える「氏邦桜」は、3月末になると笠鉾状の枝いっぱいに花が咲き誇り、下から見上げると淡紅色の花と青い空とのコントラストが美しい古木です。 

金尾山

金尾山は「つつじやま」とも呼ばれ、約5千株ものつつじが自生し、4月中旬から5月上旬まで、真っ赤な花で燃え立つ景観は、関東有数のつつじ山であると評判です。山頂には展望台もあり、素晴らしい眺望が広がります。

寄居町の特産・名物

みかん

収穫期の10月下旬から12月中旬には、山の斜面いっぱいに、たくさんの実をつけたみかんの木が広がります。これらのみかんは、甘酸っぱさが口いっぱいに広がり、さわやかな風味が残ります。一度食べたら忘れられない、ひと味違うみかんです。

電話番号 0485-81-3012(寄居町観光協会)

寄居とろとろナス

「寄居とろとろナス」は、青なす(緑なすともいわれる)の一種です。ナス特有の紫色のアントシアニン系色素がないため淡い緑色をしていて、軸の付け根から、胴の中ほどまで、やや濃い緑色が垂れているような模様があるのが特徴です。明治時代から続く埼玉県の伝統野菜「埼玉青大丸なす」が巾着型であるのに対して「寄居とろとろナス」は長卵型をしていて、やや大きめです。

寄居町の業種別ガイド

全国500万件、地域の会社・お店・病院情報満載!

  • 医療
  • 暮らす
  • 住む
  • 造る
  • 食べる
  • 装う
  • 学ぶ
  • 遊ぶ
  • 公共
  • その他

寄居町 わが街事典

『わが街事典』は行政と民間による協働事業によって発行される暮らしのガイドブックです。行政情報や地域情報が豊富な便利な冊子です。

PC版を見る

わが街事典アプリ版ダウンロード|無料

  • iPhone版
  • iPad版
  • Android版