神奈川県厚木市 あつぎ元気応援寄附金(ふるさと納税)

お問い合わせはこちら

厚木市公式ホームページはこちら

あつぎ元気応援寄附金(ふるさと納税)TOP > いただいた寄附金の使い道

いただいた寄附金の使い道について

次の19項目のメニューから寄附金の使い道をお選びいただきます。

【緊急】コロナに負けない!あつぎ応援寄附金

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、新型インフルエンザ等特別措置法に基づく 緊急事態宣言が発出され、当市の市民生活においても大きな影響が生じていることから、 今求められる厚木市独自の経済対策、感染症対策、市立病院における対応経費等に活用します。

【新型コロナ重点医療機関】地域医療・病院整備などに関する事業

新型コロナウイルスと最前線で闘う厚木市立病院の整備や運営に活用します。

社会福祉に関する事業

社会福祉の向上のため、地域住民の福祉活動を促進する事業、社会福祉の増進を図る事業などに活用します。

こども育成に関する事業

子育て環境日本一を目指し、子供たちが元気で心豊かに成長するための取組に活用します。

安心・安全なまちづくりに関する事業

防犯対策や交通安全対策などに活用します 。

環境保全に関する事業

緑地の保全及び緑化の推進を図るため、新たな公園や緑地の整備などに活用します。

文化芸術振興に関する事業

文化芸術の振興のため、青少年の文化芸術活動の充実を図るとともに、鑑賞等の機会の充実や人材の育成、伝統文化等の継承、発展などが図られるよう文化芸術事業の財源として活用します。

スポーツ振興に関する事業

スポーツの振興を図るため、スポーツ大会の開催や全国大会等出場奨励金、競技団体選手強化事業交付金に活用します。

学校教育・学校施設に関する事業

「確かな学力」を身に付ける教育の推進や教育環境の充実などに活用します 。

保健・医療に関する事業

だれもが健康で元気に暮らせる環境を整備するなど健康づくり推進のために活用します 。

アミューあつぎ管理に関する事業

中心市街地の回遊性の向上とにぎわいを創出し地域経済の活性化を図るため、

(1)文化・芸術、生涯学習、(2)商業施設、(3)中心市街地における公共施設の最適化・効率化

の3つの基本整備方針のもと、子どもから高齢者まであらゆる世代が交流できる施設の管理に活用します。

防災対策・災害支援に関する事業

安心して暮らせる災害などに強いまちづくりや大規模な災害が発生した時に市民の皆様を対象とした経費などに活用します 。

市民協働推進に関する事業

市民協働によるまちづくりを推進するため、市民の皆様からの寄附を、市民活動団体への助成に充てることにより、市民活動を支援し、互いに支え合う仕組みとして活用します。

観光振興に関する事業

魅力あるイベントの開催や観光振興のために活用します。

国際交流に関する事業

国際交流事業推進のため、海外友好都市との交流事業や海外学生等のホームステイ受入事業などに活用します 。

里地里山保全等促進に関する事業

厚木市の一つの特徴である、里地里山の恵み豊かな自然環境と牧歌的な風景をかけがえのない財産として、維持、保全するために活用します。

経済的に就学困難な生徒等への支援事業

未来を担う子どもたちの夢の実現を応援するため、学校教育活動等に要する費用を支給します。

川を愛し、良好な状態で管理する事業

厚木市が管理する川の除草などの管理のほかに、水辺と人とのふれあいをより身近にするため、憩いと活動の場の再生・創出を図る事業に活用いたします。

また、1級河川の相模川や中津川の河川敷などを、市民協働での草刈りや草花の植栽管理をすることにより、川の持つ多面的な機能や景観などを良好な状態に保ち、かけがえのない河川資源としての価値を、保全・向上させる事業に活用します。(河川維持管理事業、水辺ふれあい創出事業、河川愛護事業等)

あゆコロちゃんが行うご当地PR活動

厚木市マスコットキャラクター「あゆコロちゃん」を通じて、厚木市の魅力を広く全国に伝えるための活動を実施します。

使い道を指定しない

市政全般に活用します。

寄附状況

※準備中※

寄附をいただいた方

※準備中※

お申し込みはこちら

PAGE TOP