わが街いいトコ!!栗原市の特産・名物

美食のまち くりはら

栗原の豊かな自然は食材の宝庫。また食べたくなる郷土料理や、生産者の努力と情熱で生み出されている逸品-「栗原ブランド」の一部をご紹介いたします。

郷土料理

そばだんご

そばだんごは、ふんわりやわらかい食感と、そば粉の風味が特徴です。一度食べると、また食べたくなる新しい郷土料理です。

そば

昼夜の温度差がおいしいそばを育む条件。新そばの季節には、挽きたて・打ち立て・茹でたての絶品そばが、市内の手打ちそば店で味わえます。

チョウザメ

チョウザメといえばキャビアで有名ですが、チョウザメの肉は高級食材として世界的に名高く、その肉は「皇帝の魚」として献上品に使われるほどなのです。

イワナ

栗駒山から湧き出す清流で育ったイワナ。炭火での塩焼きや刺身がおすすめです。


くりはらの餅

餅は、米どころ栗原の郷土料理の代表。えび餅やふすべ餅、ずんだ餅、じゅうね餅、くるみ餅など、いずれも、栗原の豊かな耕土で育てたおいしいお米でできた餅と、自然の恵みを生かした材料で作っています。

栗原ブランド

山水明媚・味わい四彩

栗原市が独自に定めた基準を満たした“安心”で“おいしい”食品が「栗原ブランド」です。栗原ブランドを通して、皆様に栗原の恵がもたらす食の魅力を感じていただければ幸いです。

くりこま漢方和牛

褐毛和牛の”赤身の美味しさ”と黒毛和牛の”霜降りの旨味”が絶妙なバランスで調和した「くりこま漢方和牛」。牛の健康にこだわって、14種類の漢方草で育てられています。
(関村畜産・株式会社ダイチ)

若柳牛

広大な栗原の中でも、若柳地区で育った霜降りの行き届いた牛肉だけが“若柳牛”となります。和牛本来の風味が豊かで、日持ちが良く最高級の牛肉として折り紙つきです。
(若柳牛協会)

志波姫ポーク

病原菌を侵入させない徹底した衛生管理のもと、健康に育った豚肉です。病気にならない豚は、腸内善玉菌が多いため、いやな臭みがなく、やわらかな肉質が特徴です。
(農事組合法人しわひめスワイン)

サンひめっこ

栗駒山系から流れる地下水をたっぷり吸った、みずみずしくて日持ちの良いトマト。ハウスではマルハナハチが飛び回り、自然のままに実をむすびます。
(有限会社サンアグリしわひめ)

いちご

栗原の有機肥料で土づくりからこだわって栽培されています。栗駒山系の地下水をたっぷり吸って育った甘みの強い「とちおとめ」です。
(吉田 優俊)

自然薯

山の中の環境そのまんまの畑でたくましく育った自然薯です。粘りが強く、味が濃いのが自慢です。
(花山自然薯生産組合)

宝領きくらげ(生・乾燥)

国産のきくらげはごくわずか。栗原のきくらげは農薬などを一切使わず、地下水で栽培されています。安心でおいしいプリプリした食感が魅力です。
(農事組合法人
 宝領きのこ生産組合)

パプリカ

夏の冷涼な気候を生かした夏秋栽培技術を独自に開発しました。栗原で育ったパプリカは、とっても甘くてジューシーです。
(リッチフィールド有限会社)

水鳥生しいたけ

「水鳥の郷」として有名な伊豆沼・内沼の豊かな自然環境の中、農薬を一切使わずに栽培されています。肉厚で柔らかく、風味豊かな生しいたけです。
(農事組合法人 水鳥)

栗原完熟りんご(ふじ)

栗原のりんごは蜜がしっかり入るまで、収穫をじっと待ちます。東北でも比較的雪の少ない栗原だからできる贅沢な完熟りんごです。
(栗原市果樹連絡協議会)

ふさすぐりジャム

冷涼な気候を好むふさすぐりは、夏になると真っ赤な、小さい房状の実をつけます。その酸っぱい実が、スッキリした甘さのジャムになりました。
(花山山菜加工組合)

栗原特選ミルキーずんだ生ジャム苺・生ジャムりんご

栗原産の「新鮮な枝豆」、「摘みたて苺」、「もぎたてりんご」がそのままジャムになりました。独自の低温・真空技術で素材の色や栄養を壊すことなく、格段に新鮮なジャムが完成しました。
(有限会社パレット)

購入はこちら

一迫のなたね油

栗原市一迫で育てた無農薬の菜種だけを使用し、素材の良さを壊さぬよう丁寧に搾りました。オレイン酸が豊富で酸化しにくく、自然な精製なのでビタミンEが豊富です。
(有限会社長崎高原ファーム)

購入はこちら

生芋こんにゃくそばこんにゃく

栗原地域を中心に栽培されたこんにゃく芋を使用し、昔から伝わる製法で丁寧に作りました。本物の手作りこんにゃくは食感が違います。
(三浦蒟蒻店)

酒ケーキ

栗原の地酒が染み込んだ大人のケーキ。地酒の香りがロの中いっぱいに広がり、余韻が長く続きます。ちょっとしたほろ酔い気分が楽しめる大人のためのスイーツです。
(佐文菓子店)

十六人兄弟味噌

天明五年創業の麹屋さんが200年以上の歴史ある自家製米麹で作った昔ながらの手作り味噌。先代が十六人もの子宝に恵まれたことからこの名前がつきました。
(阿部徳麹店)

アイスミルク(ミルク・日本酒・巨峰)

アイスの原料となる牛乳は、お店からほど近い小山牧場でストレスなく“のんびり”と育った乳牛から搾られています。保存料や合成添加物は使用せず、鮮度を大切にしています。
(有限会社小山牧場 あいすむら)

若柳の志んこ餅

栗原産ササニシキを使用し、毎朝自家製粉した生粉から餅を手作りしています。栗原でしか食べられないこだわりの志んこ餅です。
(志んこ屋)

美焼の心こ(みやぎのしんこ)
米ていら

小麦粉を使わず、米の粉(新粉)で焼き上げました。栗原産ひとめぼれを100%使用した“しっとり”、“ふわふわ”のお米のカステラ。地元高校生が栗原の餅屋と提携して共同開発しました。※第10回みやぎものづくり大賞・グランプリ受賞。
(有限会社もちっ小屋でん)

購入はこちら

やきもちは愛のしるし

「やきもちは愛のしるし」は栗原産みやこがねのもち米粉を水でこねた生地に自家製つぶあんを入れて両面をこんがり焼いたもちです。
(有限会社もちっ小屋でん)

購入はこちら

しん(心)こ もち愛す

「しん(心)こ もち愛ス」は栗原産ひとめぼれの極上新粉を蒸して餅にし、自家製こしあんを入れた純白のもちです。
(有限会社もちっ小屋でん)

購入はこちら

栗原市
イベントカレンダー

1月14日
どんと祭(各地区)
1月14日
せみね裸参り(瀬峰)
1月15日
栗駒火まつりどんと祭(栗駒)
1月15日
小僧不動の滝寒中みそぎ(一迫)
1月中旬
うぐいすの里どんと祭(鶯沢)
2月3日
春を呼ぶ裸たるみこし(一迫)
2月下旬~3月上旬
くりこま商家のひなまつり(栗駒)
3月第2日曜日
石尊さまの火伏せ祭り(若柳)
4月第1日曜日
小迫祭り「小迫の延年」(金成)
4月上旬
泉谷お屋敷祭り(瀬峰)
4月中旬
つきだて桜まつり(築館)
4月中旬
若柳桜まつり(若柳)
4月中旬
せみね桜まつり(瀬峰)
4月29日
政岡まつり(一迫)
5月上旬
細倉マインパークまつり(鶯沢)
5月5日
花山鉄砲まつり(花山)
5月中旬
せみね藤まつり(瀬峰)
5月第3日曜日
栗駒山夏山開き(栗駒)
6月中旬~7月上旬
一迫山王史跡公園あやめ祭り(一
迫)
6月中旬~7月下旬
南くりこま高原一迫ゆり園開園
(一迫)
6月下旬
みちのく鹿踊大会(一迫)
7月上旬
あやめ祭り神楽大会(一迫)
7月最終土日
くりこま山車まつり(栗駒)
8月1日~8月31日
伊豆沼・内沼はすまつり(若柳
・築館)
8月上旬
つきだて七夕まつり(築館)
8月上旬
しづはた姫コンテスト(築館)
8月上旬
はなやま夏まつり(花山)
8月上旬
金成夏まつり(金成)
8月14日
一迫夏まつり花火大会(一迫)
8月14日
せみね夏まつり(瀬峰)
8月14日
うぐいすの里夏まつり(鶯沢)
8月14日
水車まつり(志波姫)
8月16日
若柳夏まつり(若柳)
8月中旬
泉のふるさと“たかしみず”夏まつ
り(高清水)
8月中旬
栗駒ふるさとまつり(栗駒)
9月中旬
みんなでしあわせになるまつり
(栗駒)
9月23日
人形感謝祭(志波姫)
10月中旬
いちはさま新米まつり(一迫)
10月中旬
花山湖秋まつり(花山)
10月中旬
金田森フェスティバル(鶯沢)
10月下旬
栗原市産業まつり
11月3日
薬師まつり(築館)
11月13日
栗原市民マラソン大会(築館)

栗原市 わが街事典

『わが街事典』は行政と民間による協働事業によって発行される暮らしのガイドブックです。行政情報や地域情報が豊富な便利な冊子です。

PC版を見る

協賛事業者一覧

わが街事典アプリ版ダウンロード|無料

  • iPhone版
  • iPad版
  • Android版