わが街いいトコ!!新見市で憩い・楽しむ

中国山地の自然に囲まれたまち

新見市は、岡山県の最西北端、高梁川の源流域に位置し、全域が中国山地の脊梁(せきりょう)地帯に属するため起伏の多い地形で、総面積の86.3パーセントの684.31平方キロメートルを森林が占めています。市内では、市指定の天然記念物であるアテツマンサクの原木が発見されたり、国指定、県指定の天然記念物が多く残されています。ここでは、市内を大きく5つのエリアに分割して、その美しい自然の産物をご紹介致します。

新見エリア

国指定、岡山県指定の天然記念物に囲まれた美しい自然のまち。

絹掛の滝

井倉峡の一部に属し、車中からでもよく見えます。高さ60メートルの断崖から落ちる水は、さながら一連の絹を掛けたように見えます。

所在地 新見市草間
アクセス JR「新見駅」から国道180号線を南に20キロメートル(国道沿い)
関連サイト 絹掛の滝|新見市ホームページ

満奇洞(まきどう)

昭和4年、情熱の歌人与謝野晶子が、「奇に満ちた洞」と詠んだことから、満奇洞といわれるようになりました。水が地球に刻んだ雄大で繊細な造形の画廊です。

所在地 新見市豊永赤馬2276-2
電話番号 0867-74-3100(満奇洞管理事務所)
アクセス JR「井倉駅」下車。「新見駅」から満奇洞行きバスで 38分
中国自動車道「北房IC」から、国道313号線経由で新見市方面へ16キロメートル
関連サイト 満奇洞(まきどう)|新見市ホームページ

井倉洞

50メートルの天の岩穴から落ちる滝、岩肌からしみ出す水。地球の鼓動が聞こえる幽玄の回廊です。井倉洞は、高さ240メートルに達する石灰岩の絶壁に開口する全長1,200メートルの鍾乳洞です。

所在地 新見市井倉409
電話番号 0867-75-2224(株式会社井倉洞)
アクセス JR「井倉駅」から徒歩15分
中国自動車道「新見IC」から車で25分
関連サイト 井倉洞(公式ページ)

羅生門

4つの天然橋から形成された、高さ40メートルにも達する巨大な石灰岩のアーチです。台地内の洞穴が一部を残し陥没してできたもので、鍾乳洞へ続いています。

所在地 新見市草間
アクセス JR「井倉駅」から備北バス満奇洞行きバスで「羅生門口」下車、徒歩10分
中国自動車道「新見IC」から車で40分
関連サイト 羅生門|新見市ホームページ

大佐エリア

高原あり、渓谷ありの豊かな自然。アウトドアスポーツ体験も楽しめます。

自然公園大佐山

標高988メートルの大佐山は、家族連れで楽しめる施設がいっぱいです。天体観測施設の星空の館やロッジ、山荘など宿泊施設も充実しています。また、春には色鮮やかな山野草が咲き誇り、山頂の自然遊歩道沿いで楽しむことができます。

所在地 新見市大佐小阪部2237
電話番号 0867-98-3461(自然公園大佐山管理事務所) 
アクセス JR「刑部駅」から車で15分、徒歩40分
中国自動車道「大佐SAスマートIC」より30分
関連サイト 自然公園大佐山|新見市ホームページ

御洞渓谷

備作山地県立自然公園特別区域内に位置する「御洞渓谷」は、四季折々にその姿を変え、訪れる者を魅了します。特に5月には、一帯に咲き誇るシャクナゲが渓谷をいっそう美しくします。

所在地 新見市大佐
アクセス JR「刑部駅」から20分
中国自動車道「新見IC」から車で50分
関連サイト 御洞渓谷|新見市ホームページ

神郷エリア

温泉、スポーツ、レジャー…自然いっぱいの中で、充実した一日を過ごせます。

神郷温泉

高瀬川ダム湖畔に整備された健康リゾート施設。温泉のほかに、スポーツやレジャー施設、キャンプ場もあり、自然いっぱいの中で充実した一日を過ごせます。

所在地 新見市神郷高瀬3188-1
電話番号 0867-93-5106
アクセス JR「新郷駅」下車
中国自動車道「新見IC」から車で30分
関連サイト 神郷温泉|新見市ホームページ

哲多エリア

すずらんや金ボタルを守るため、地域の方々の懸命な活動が行われています。

すずらんの園(おもつぼ湿原)

初夏の風に白い可憐な花が揺れる様子は、たいそう愛らしく、心がなごみます。「すずらんの園」には、園内に面積約2ヘクタールの湿生植物群落があります。これを「おもつぼ湿原」と呼んでいます。

所在地 新見市哲多町田淵
アクセス 中国自動車道「新見IC」から国道180号線経由、高梁方面へ県道33経由川上方面へ40分
関連サイト すずらんの園(おもつぼ湿原)|新見市ホームページ

金ボタル発生地

新見市哲多町蚊家地区の天王八幡神社の境内とその周辺は金ボタルの集団発生地として岡山県天然記念物に指定されており、国有林においても発生地一帯を特定動物生息地保護林を設置して保護に取り組んでいます。

所在地 新見市哲多町蚊家
アクセス JR「新見駅」から車で40分
中国自動車道「新見IC」から車で40分
関連サイト 金ボタル発生地(哲多町)|新見市ホームページ

荒戸山

標高762メートルの荒戸山は、およそ200万年前に噴出してできた火山と考えられています。人々から「鍋山」の名で親しまれており、ふもとには県指定重要文化財の荒戸神社があります。

所在地 新見市哲多町田淵
アクセス JR「矢神駅」から徒歩1時間30分
中国自動車道「新見IC」から約18キロメートル

哲西エリア

貴重な自然の観察や、歌人・若山牧水に思いを馳せることができます。

鯉が窪湿原

西の尾瀬とも形容される湿原。北方系や満鮮系の残存植物を始め、多彩な湿生植物が自生しています。西日本を代表する学術的に貴重な湿原です。

所在地 新見市哲西町矢田
アクセス JR「矢神駅」から湿原入り口まで5.5km、徒歩約1時間、タクシーで10分
中国自動車道「新見IC」から車で約30分
関連サイト 鯉が窪湿原|新見市ホームページ

道の駅鯉が窪

地域でとれる素材を活かした特産品や新鮮な野菜が数多く並び人気を集めています。また、それらの特産品が味わえるレストランや、農村の伝統文化を伝える展示施設なども整備されています。

所在地 新見市哲西町矢田3585−1
電話番号 0867-94-9017
アクセス JR芸備線「矢神駅」から南へ徒歩約30分
中国自動車道「新見IC」から国道182号を東城方面へ約17キロメートル(約20分)、「東城IC」から国道182号を新見方面へ約8キロメートル(約10分)
関連サイト 道の駅鯉が窪

新見市
イベントカレンダー

3月
雛祭り
5月
シャクナゲ祭り
5月
鯉が窪湿原まつり
5月
にいみ子どもマス釣り大会
6月
哲多ふるさとすずらんまつり
8月
新見ふるさとまつり
10月
土下座まつり(御神幸武器行列)
10月
神郷ふるさとまつり
10月
大佐ふるさとまつり
11月
紅葉祭り

新見市 わが街事典

『わが街事典』は行政と民間による協働事業によって発行される暮らしのガイドブックです。行政情報や地域情報が豊富な便利な冊子です。

PC版を見る

協賛事業者一覧

わが街事典アプリ版ダウンロード|無料

  • iPhone版
  • iPad版
  • Android版