わが街イイトコ!!

矢板市特集

[栃木県]

矢板市は栃木県の北東部に位置し、東は大田原市とさくら市に接し、西は塩谷町、南はさくら市に、北は那須塩原市に接しています。面積は170.46平方キロメートルで、東西約11.6キロメートル、南北約24.2キロメートルのほぼ長方形をなし、栃木県全面積の約2.66%(38分の1)にあたります。北部は、日光国立公園の一部である高原山で、各所に鉱泉が湧出し、森林資源に富んでいます。河川はおおむね源を北部山岳地帯に発し、南流して那珂川に注ぎます。

矢板市のいいトコ!!

矢板市で憩い・楽しむ

ツリークライミング

専用の安全保護具を利用して木に登るツリークライミング。ツリークライミングジャパンのインストラクター指導の元、県民の森「森の集い」で導入している大人気のイベントです。「木登り」と言っても、安全保護具を付けてのスポーツですので、安全を確保しています。

御前原城跡

遺跡規模は、南北約700メートル、東西400メートル以上にわたり、現存しているのはこの本丸跡のみです。平城で城の中心に位置する本丸跡は、約2.5メートルの土塁をほぼ正方形にめぐらしています。別名「中村城」ともいわれ、治承寿永年間の築城と伝えられています。四角いお堀に沿って、2重に桜が植えられており、開花の時期には見事な景色が楽しめます。

長峰公園

日本の都市公園100選にも選ばれ、北関東でも有数のツツジの名所です。矢板駅から徒歩10分程度の至近距離にあり、電車でのアクセスも便利です。公園内に大きな桜並木とツツジ庭園が広がる市民の憩いの場所です。特に4~5月上旬にかけては、園内にぼんぼりが灯され、桜もライトアップされ見事です。

矢板市の名所・文化

矢板武記念館

この記念館は、矢板市近代化の原点を築いた郷土の偉人、矢板武の屋敷です。明治初期、矢板武は那須野が原開拓に必要であった那須疎水開削に尽力した人物として有名で、陸羽街道や鉄道の矢板通過の実現にも貢献したと伝えられています。これらの業績をたたえ、矢板市の発展と当時の人々の生活ぶりを偲ぶことができる記念館として開館しています。

所在地 矢板市本町15-3
電話番号 0287-43-0032

荒井家住宅

江戸時代前期(延宝期)に庄屋を勤めた農家で、寄棟造りの茅葺屋根が歴史を感じさせます。

所在地 矢板市立足
電話番号 0287-43-3247

塩竃神社

創立は不詳ですが、天正8年(1580年)9月現在地に移転したといわれます。古代のころ塩田、高塩、玉塩(玉田)村などで塩水の産した所から、これを集めて製塩したといわれ、製塩に関係した社で、矢板村の鎮守として崇敬されています。旧7月10日を起源祭とし、安産の御符を講製する日で各町内で「お日待ち」を行い、また神社から各町内に塩味の御神餅を授与され、更に一升の塩を供えます。

矢板市の特産・名物

矢板たかはら米

エコファーマーが、可能な限り農薬を使わずに、畜産農家と連携した良質なたい肥を使用して、コシヒカリを育てています。

りんご

高原山系の肥沃な土地と太陽の恵みを浴びた、県内一の生産量を誇る蜜入りのりんごです。

やいたのとちおとめ

甘さと酸味のバランスのとれた日本一の栃木のいちごです。

矢板市の業種別ガイド

全国500万件、地域の会社・お店・病院情報満載!

  • 医療
  • 暮らす
  • 住む
  • 造る
  • 食べる
  • 装う
  • 学ぶ
  • 遊ぶ
  • 公共
  • その他

矢板市 わが街事典

『わが街事典』は行政と民間による協働事業によって発行される暮らしのガイドブックです。行政情報や地域情報が豊富な便利な冊子です。

PC版を見る

わが街事典アプリ版ダウンロード|無料

  • iPhone版
  • iPad版
  • Android版